前へ
次へ

債務整理の中で一番重たいものが自己破産です

債務整理には4種類があります。
複数のカードローン会社から借金を繰り返し、もはや返済の目処が全く立たないような人たちは多重債務者と呼ばれています。
多重債務者になっても、例えばローンを一つにまとめるなどという手段で毎月の返済が可能になる場合があります。
それは借金の程度が軽い場合に限られます。
借金の程度が大きく膨らんでしまい、もはや自分の力ではお金の返済をすることが全くできないようになると、これは裁判所にその旨を申し立てすることがとても大切です。
それは一体なぜなのでしょうか。
そうしなければ自分の命を絶ってしまうことになるからです。
せっかく親からもらった命です。
粗末にしてはなりません。
ここは我慢して裁判所に自己破産の申し立てをすべきです。
債務者の主張が裁判所によって認められれば、それであらゆる種類の借金返済の義務から解放されるのです。
自己破産は債務整理の中でも最終的な調停手段となっています。
自己破産をすることによって少なくても自分の命だけは守れるという仕組みです。

Page Top